ご挨拶

東京大学 高齢者在宅長期ケア/緩和ケア看護学分野では、慢性疾患のある人や高齢者とその家族への看護について幅広く研究に取り組んでいます。 「人が病むこと・老いること」「人が他者をケアすること」という経験を説明する枠組みの解明をとおして、海外からの借り物でない「日本の現場育ちの看護学」の構築を目指しています。 同時に、特に長期療養施設・在宅ケアにおけるケアの質向上も重要な課題として取り組んでいます。現在は、認知症、がん、疼痛などの慢性の病態への本人・家族への看護に焦点を当てています。これらを通じて社会に貢献しようとする私たちのとりくみを、このHPで報告していきたいと思っています。どうぞご覧になってください。

山本則子 Noriko Yamamoto-Mitani, PhD, RN